カルティエ時計を選ぶ > 日記 > カルティエ時計の種類Bパシャ

カルティエ時計の種類Bパシャ

パシャは、1930年代、マラケシュのパシャ(太守)、
エル・ジャヴィ公がルイ・カルティエに「自分の家のプールで着けたまま、泳げる腕時計はないものか」との依頼を受け、ルイ・カルティエが
製作したのが角型防水時計の「タンク エタンシュ」です。
この「タンク エタンシュ」は「パシャ」のルーツであるといわれ、
その後1943年に風防ガラスを保護するグリッドとリューズプロテクターを
装備したラウンドがたのシンプルな時計を発表しました。
これが現在のパシャの原型となっているといわれ、
現在の形となってデビューしたのは1985年となっています。


posted by watchman at 19:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。