カルティエ時計を選ぶ > 日記 > カルティエ時計の誕生

カルティエ時計の誕生

1900年、3代目のルイ・カルティエ(1875-1942)は、
ブラジルの飛行家、サントス・デュポンから、
当時、懐中時計が主流の中、
飛行機の中で使える新しい腕時計の製作を依頼され、
1904年、「サントス」という腕時計を製作。

「サントス」は、当時としてはきわめて斬新な角形を採用した、
初の男性用腕時計。
円形の懐中時計しかなかった時代にこういうデザインを
考えたルイ・カルティエの創造性、先見性は素晴らしいものであった。

そしてこれをきっかけにカルティエは、腕時計の分野にも
進出し、その後、香水、ライター、レザーグッズなども
製作し、ブランドとして発展していき、
現在では揺るぎない高級ブランドの座についたのです。


posted by watchman at 14:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。